ファンタジー

  • HOME »
  • ファンタジー

命は偶然の産物ではありません。生きとしいけるすべての命が創造主(神)によって生み出されたものです。そのなかで、人間として活かされることには特別の意味があります。誰の人生にも、創られた者としての目的があり、それがそれぞれの人生における使命です。 人それぞれになすべき使命を与えられるのはより良い人格形成のためかもしれません。創造主は、人がそれを成し遂げるために試練を与え、また恵み、護るということを、少年ケルトやなかまたちが苦難の旅によって成長していく姿を通して描いています。

pdf_b 最新号「森のケルト」(第19話)第十五章 新天地 (1)到着 (2)荒廃 をダウンロード

 

あらすじ「森のケルト」

森の国のコマの木にある家で育った少年ケルトはある朝夢うつつに恐ろしい声を聞く。遇ったこともない敵からの挑戦だった。両親を亡くし妹のダリアと暮らしてきた彼にその声は名指しで戦いを挑んできたのである。森の国を統率する賢者アヒエゼルはこれを重く見て力ある者を招集した。 かつては特別な能力を持っていた人々が、その力を傲慢不遜の龍の国の王に利用されることを嫌って密かに逃れ創造主ハナムを信じ穏やかに暮らすうち力を継承しない子孫もふえていた。敵はこの森と住民の存在を知り何度も攻めてきた。そして十年前の激しい戦いのダメージは大きく、ケルトの父をはじめ多くの戦死者が出て、力ある者の数も減った。 敵方の損傷も大きかったのか以来大きな戦いは起きていない。この間に龍の国では新しい王が立ったとアヒエゼルは探り出してはいたが、ようやく傷の癒えた森の中ではハナムを信じゆだね自然の恵みに生かされて次の世代が育ってきたばかり。ケルトの夢に現れたのはこのささやかな安寧の暮らしを踏みつぶそうとする強大な敵からの挑戦だった。

前話までのダウンロード

第1話 第一章 見えない敵 (1)挑戦  ダウンロード
Page 3 / 3123
  • メールでお問い合わせはこちら
Copyright © アーク福音ミニストリー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.