メンバー牧師のページ

  • HOME »
  • メンバー牧師のページ

保坂恭子

hosaka 1944年6月生
神奈川県出身
東京神学校在籍中
JTJ宣教神学校卒
聖書キリスト教会所属牧師

幼時期に信仰を与えられる。千葉に移転後、喫茶店伝道、家庭集会による伝道などを経て献身。神学校に在学中、あかし文学賞入賞により文書宣教への召命を確信する。卒業後、日本同盟基督教団足立愛の教会に伝道師として奉職しながらアーク福音出版を設立。代表としてさまざまな分野での書籍刊行に携わる。牧師按手を与えられてのちは聖書キリスト教会成田中央教会で宣教師と同労しながら夫である長老と文書宣教ミニストリーを形成。ニュースレターの創設など編集者、執筆者として働く。牧会退任後の現在はアーク福音出版の代表として編集責任を受け持ち、同時に小説家としても活動中。

植草榮一

uekusa 1934年4月生
東京都出身
JTJ宣教神学校卒
聖書キリスト教会所属牧師

神官の家系の中で育ちながら25歳で初めて日本ホーリネス教団習志野キリスト教会に行く。1964年受洗、クリスチャン女性と結婚に導かれる。サラリーマンとして働きながら神学校に通い、退職後の01年卒業、02年按手をうけ、香川県善通寺市「恵みの森キリスト教会」に赴任。04年3月まで牧会。現在は千葉に戻り、開拓教会の牧会協力、アシュラム委員会委員、JTJ神学校学友会委員として奉仕。「はこぶね誌」には「遊牧民族と農耕民族の宗教」「天使の護り」「エルサレムの平和のために祈れ」など連載し、現在は自分の信仰履歴とあわせながら人生をふり返りつつ「神のみちびきにより」を連載中。

平山公司

hirayama 1935年7月生
三重県出身
JTJ宣教神学校卒
聖書キリスト教会所属牧師

長年サラリーマンとしてこの世にどっぷりの暮らしから定年直前の59歳の時、不思議な聖霊の導きにより救われる。妻と長女はクリスチャン、次女の救いが我が家の最大の祈りの課題。ギデオンの奉仕を経て神学校に学び66歳で牧師受按。鹿児島バプテスト教会に派遣され、日本への最初の宣教師ザビエルに出会いキリシタンの歴史や殉教者に大きな興味を与えられた。今はキリシタン史に生涯の研究目標ともいうべき関心を持ち「はこぶね誌」にザビエル伝を連載、現在はロレンソ了斉など初期のキリスト者たちの評伝を連載中。13年9月刊行の「聖書人物辞典」は今後も精査を重ねて更なるバージョンアップを予定している。

お気軽にお問い合わせください。